3人目の妊娠!悩むより嬉しい!育休取る気満々のパパが思うこと

3人目の妊娠で育休取る気満々

どうも。春野菜の夫、幹事長(@ikukyuusyutoku)です。

3人目懐妊につきまして、安定期になるまで伏せていようと思っていました。

が、妊娠のことに触れずツイートや記事を書くのが難しくなってきたので、情報解禁です。

わたしはすでに妊娠についてツイートしちゃってたし

春野菜

現在3人目妊娠中で、来年1月末に出産予定となっています。

嬉しい♪まずはやっぱり嬉しい!

自分は子どもの頃から子ども好きで、今でも子ども大好きです。

許されるなら3人と言わず、4人でも5人でも!と思うくらいに子どもが好きです。

ただ…奥さんの身体、2人の年齢や体調、金銭面などから問題もあります。
おそらく子どもは、3人で最後になるでしょう。

なので…希望通り3人目の懐妊がわかり、まずは嬉しい♪

物語であれば、ここでハッピーエンドとなるんでしょうが…現実はそんなことはなく、これから色々あります。

3人目育児の課題
  • 育児の手が足りなくなる
  • 経済的な問題
  • 年齢と体力の問題

今回は3人目の妊娠から、育児や経済面などの課題を自分の考えをまとめる意味もかねて、夫視点から書いていきます。

育休1年間取りたい

お金のこと、キャリアのことを考えれば『育休を取らず働くべき』となります。

ただ今いる子どものこと、奥さんのこと、生まれる3人目のことを考えると…育休を取らない選択肢はありません。

3人目妊娠・出産で上の子にフォローは必須

もうすぐ5歳と3歳の長男長女は、まだまだ幼いです。

2人とも『ママのお腹に赤ちゃんがいる』ということくらいは認識できても、奥さんのつわりや体調不良、精神不安定についてまではわかりません。

とにかく大好きなママと一緒にいたくて仕方ない様子。

しかし現在は奥さんの体調等がそれを許さず、出産後は手がかかる3人目に係りきりになることを考えると…上の2人には当分我慢を強いることになりそうです。

妹の長女が生まれたときの長男は、そんなではなかったですが…赤ちゃん返りをすることもあるでしょう。

3人目と同様か、それ以上に2人に手を掛けていかないといけないと思います。

ママができないなら、その分パパがやればいいのです。
そのために、一緒にいる時間を増やせる育児休暇をとるべきでしょう。

ママだって妊娠中の子育ては大変

3人目妊娠中の現在、過去2回よりひどいつわりに襲われています。

卒倒して倒れるようなことはありませんが、急にえずいたり足元から崩れそうになるのはしょっちゅうです。

1人目の長男のときは自分自身だけ、2人目の長女のときは自分自身と長男の面倒を見れば大丈夫でした。

3人目ともなると、つわりでしんどくても子ども2人の面倒を見なければなりません。

思うように休息も取れない現状からすると、つわりがひどいのは当然といえば当然です。

妊娠中は体調面、精神面も不安定になりがちなので、今まで以上にママにもフォローしていく必要があると思います。

育休とってもお金は大丈夫?

『小中高大ずっと公立でも子ども1人1,000万』
『子ども1人育てるのには3,000万かかる』
教育費の金額には諸説あるようですが、2人より3人の方がお金がかかるのは間違いありません。

贅沢三昧をするつもりも、させるつもりもないですが…やりたい習い事、行きたい場所などお金を気にせず自由にできる程度には稼ぎたいと思っています。

ひとまず育休をとって1年無給となっても、生きていけるくらいには貯金はあります。

ここから更に増やしていくつもりです。

そのために、仕事はもちろんブログや資産運用など色々できることをしていきます。

まとめ

「3人目ができたら長期育休を取りたい」
と周りには話しているものの、人事権のある上司やその上にはまだ話していません。
上司たちには、これから話して了承を得るつもりです。

最短でも1年の育休取得を目標に、頑張っていきます。

他にも細々あるかと思いますが…夫である自分視点では、こんなところが大きい課題かと思います。

どれも一朝一夕で解決できるような簡単な課題ではないですが、愛する家族のため頑張っていく所存です。

でもまあとにかく今は3人目の妊娠を喜びつつ、生まれてくるのを楽しみにしています。

ではでは。
以上、幹事長(@ikukyuusyutoku)でした!

コメントを残す