妻が3人目も切迫早産!仕事にワンオペ育児をパパが体験中

先日、第3子妊娠中の奥さんが切迫早産で入院してしまいました。

いまは父親1人、子2人のシングルファザー状態の生活をしている幹事長(@ikukyuusyutoku)です。

自分自身は『したことがないこと』をするのは大好きですし、子供の相手をするのも大好きです。

辛いとか、嫌だということはないですが…やっぱり色々大変ですね^^;

1人で仕事と育児をしてて、一番大変なことは『自分の時間が持てない』こと。

料理の手際がよくなれば、多少はマシになるかもしれません。

料理に慣れたとしても、今までと比べれば…全くと言っていいほど自分の時間が取れない。

常日頃から1人でお子さんを育てられていらっしゃる方、更にはそんな中でブログまで書いていらっしゃる方、本当に尊敬します。

備忘録的にでも「ブログを書こう!」と思っていましたが、ようやく書けるようになったのは奥さんの入院から10日近く経ってしまいました^^;

これからは、できるだけ毎日書いていきたいと思いますが…それは難しそうなので、無理をしない範囲で最大限頑張るということで。

日々の出来事などを備忘録として、奥さんに子供たちの様子を伝えるためにも、夫視点の切迫早産の体験談を書いていきたいと思います。

何かしらの参考にでもなれば幸いです。

ママの長期入院で子どもたちが心配

帰宅中、その日の妊婦検診で近日中に入院することが決まっていた奥さんから不安そうな連絡が来ました。

お腹の痛みがひかない…

春野菜

子どもを置いておくわけにもいかず、一緒に連れて行くわけにもいかず…自分の帰宅を待ち次第、急いで病院の夜間診療へ行ってもらうことに。

検査の結果は予想通りの即入院。
お腹の張りが強く、頚管長は1.6cmあるかないかだそう。

入院は仕方ないとして…心配なのは長男5歳と長女3歳。

長女が生まれる時にも切迫早産で2ヶ月入院してたので、長男は奥さんが長い間いない生活を経験しています。

その当時は特にぐずることはありませんでしたが、色々知識も感情も成長した5歳の今はどんなもんか。

長女は、奥さんの休養日で丸1日奥さんがいないということはありましたが…2日以上奥さんがいないというのは初体験で、これまたどんなもんか。

シングルファザー状態1日目

奥さんが病院へ向かった後も2人とも平穏でした。

寝る準備中「ママいつ帰ってくるの?」と言い出し始め

今日はママ帰ってこないよ。当分帰ってこれないなあ

そう言った途端、号泣ではないですが…べそべそよりは激しく泣き始めました。

息子

やだー!さみしい

長女は、意味がよくわからなかったのか、隣の人が慌てると自分は冷静になるというやつなのか…いたって平然。

更に最近お気に入りの歌『ぼくらはヒーロー』という歌まで歌って、長男を慰めようとする始末。

長女

ぼくたち さんにん そろったら~このよに おそれるものはない~

ここだけ見ると、どちらが年長者なんだか^^;

泣きじゃくっていた長男も、抱っこしたり色々しているうち落ち着き、その後は寝つきが悪いということもなく普通に就寝。

子ども達はどうなるのかと思っていた、入院初日の夜はこんな感じで終わりました。

思ったよりはパニックにならず、平穏に過ごせそうな感触で何よりです。

あとがき

もっと書くつもりだったんですが…大分長くなってしまったのと、子供が寝ぐずりしているので今回はこの辺りで。

忘れないうちに、2日目以降のことも書いていきたいと思います。

コメントを残す