パパ、育休を1年以上の長期で取得しました!

新年もあっという間に10日ほど過ぎ、本来であればそろそろ仕事に本腰を…と考える時期ですが、自分はと言えば年末からこちらずっと家にいます。

以前から宣言どおり、育休を取得したためです(^^)v

それも単なる育休ではなく、有休も加えて1年を超える長期育休です(^^)v(^^)v

安定期に入ってから半年弱、ことあるごとに育休取得の希望伝えていた甲斐がありました。

もう間もなく第3子が生まれる予定なので、長男長女とともに1年間たっぷり面倒を見ていきたいと思います(^-^)

これから1年強の育休に際して、今思うところ、育休取得を伝えた際の同僚の反応などを書いておきたいと思います。

[kanrenc id=”1626″]

育休取得した今思うところ

とりあえずは嬉しい&ホッとしてる、が一番大きいです。

『子供3人と奥さんとのんびり』ではなくとも、じっくり一緒にいれるというのがまず嬉しいですし、その間の子供の成長を間近で見られることも嬉しい。

産後で身体ボロボロの奥さんの代わりに子供の面倒が見れる、奥さんのフォローもできる、ということでホッとしている。

こんな感じです。

ただ…もちろん不安もあります。

1年間収入が激減すること、子供が増えて、また成長して、養育費が増えることによる、お金の問題。

仕事から長期間離れることによる仕事の遅れ、同僚たちからの遅れ、仕事へのモチベーションを取り戻せるか、など仕事の問題。

これらは1年の間に、色々考えながら対応していく必要があるかと思っています。

それでも一番は『子供との時間が取れて嬉しい!』ですね( ^o^ )

育休をとったときの同僚の反応

「1年以上の育休を取得する」と伝えたときの同僚の反応を、備忘録的に書いておこうと思います。

育休を取得するということは、以前から同僚にも伝えていました。
1年の長期になるということは、所属長や同期くらいにしか言っていませんでした。

そんな中、1年以上の長期育休を取得すると伝えたときの同僚の反応は

①1年もよく育休とるわ、仕事大丈夫なの?

もちろん口に出しては言われませんでしたが、目は口ほどに物を言う的な感じで^^;

純粋な心配3割、呆れ7割くらいだったでしょうか。

ガンガン残業するような人、年配の人はこういう感じが多かったと思います。

②よくやってくれた、頑張れ!

独身者や既婚で若い人からは、口に出してこういうことを言われました。

「前例を作っておいてくれれば、自分の時にも取りやすいから」とのことです。

自分が育休を取ることで、育休を取りやすい環境になるのであれば有難いことですね。

まとめ

職場の人達の反応は、大体こんな感じでした。

裏でどう言われているかはわかりませんが、ネットニュースによくあるような面と向かっての批判などがなかったのは有難かったですね。

これからまた色々書きたいこともありますが、今のところはひとまずこんな感じで。

コメントを残す