新宿の猫カフェ『進ゲキの猫』に小学生以下の子2人連れて行きました

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0294.png” name=”みぃ(長女)”]引越ししたーい[/prpsay]

急に引っ越したいと言い出した長女。
その理由を聞くと「ねこちゃん飼いたいから」とのお答えが。
(今の家はペット禁止)。

猫がほしいから引っ越したいと泣く娘のイラスト

そんな簡単に引っ越しはできないことを伝えると、ギャン泣きする程度に猫好きな長女のため、猫カフェに行くことにしました。

猫カフェ自体は近場にも何件かあるんですが、調べてみると小学生低学年以下は入れない猫カフェばかり。

3歳の長女が行ける猫カフェがありません。

そこで、行動圏内かつ値段も相応な猫カフェとして候補に挙がったのが、新宿の『進ゲキの猫』です。

『進ゲキの猫』に問い合わせたところ、店内で騒がなければ未就学児もOKとのこと。

今回は、子連れで行った進ゲキの猫の体験レポートを書いてみたいと思います。

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0301.png” name=”幹事長(夫)”]次男は自分が抱っこして、外で待機。
奥さんと上の子2人で、猫カフェです。[/prpsay]

進ゲキの猫がある場所が分かりにくい!

進ゲキの猫がある場所は、JR新宿駅東口から徒歩約8分。
ゴジラヘッドが有名な東宝ビルの近くです。


参考
新宿の猫カフェは駅から程近い場所で営業しております

さすが歌舞伎町というべきか…いかがわしい店が多く、進ゲキの猫の入っているビルの1階も、隣も、向かいも、子どもは入っていけないような店でした。

なので、女性や子どもが行くにはためらわれるような立地です。

それなのに…グーグルマップを使っても、店のある場所にいるはずなのにお店が見つからず。

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0300.png” name=”幹事長(夫)”]お店周辺を10分ぐらいぐるぐる回ってしまいました。[/prpsay]

路面に看板がないうえに、入居しているビルの5階の道側窓や外にも店名が書いてあるものがないのです。

進ゲキの猫の名前が確認できるものと言えば、同じビルに入居してるエロい系の店の奥、エレベーター横のフロア案内板くらいでした。

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0299.png” name=”幹事長(夫)”]航空写真で見ると、ドアの右奥に見える銀色に光ってるヤツですね[/prpsay]

進ゲキの猫は子ども料金がない

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0306.png” name=”春野菜”]ここから実際に入った春野菜がレポートします。[/prpsay]
進ゲキの猫の料金表(全て税抜)

  • 10分200円
  • 1時間1,000円
  • ドリンク(飲み放題)300円
  • 1Day(平日のみ最大料金)3,000円
  • おやつ(チュール)300円

新宿の猫カフェ・進ゲキの猫は納得のいく価格より

猫カフェとしては普通の値段設定です。
大人も子どもも料金一律になっています。

わたしと6歳と3歳の子どもの3人で行きましたが、全員1時間1,000円でした。

注意

猫カフェはお店によってルールが違います。
お店によっては子ども料金があったり、未就学児は子ども1人に大人1人が付き添う必要も。

猫カフェに行く前に、そのお店のルールを確認することが大切です!

ドリンクの種類は4種類

  • ミルクティー
  • コーラ
  • 烏龍茶
  • オレンジシュース

猫の足の形をしたコップに、シリコン蓋をつけて提供してもらえます。
お代わりは、店員さんに注文する形式です。
(最初の注文と別の飲み物でもOK)

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0306.png” name=”春野菜”]ミルクティーを頼んだら、トラじま柄のコップで色合いが可愛かった。[/prpsay]

猫足コップは、店内でも売っていました。

店内や猫の様子

スフィンクスやアメリカンカールなど、いろいろな種類の猫がいます。

猫たちは目やにも鼻水も出てなくて、健康な様子。
子ども達が猫に近づいても、逃げようとせず大人して撫でさせてくれました。

子猫はゲージに入っていましたが、懐っこくて手を出すと舐めたりじゃれついてくるので、長女が気に入ってたようです。

猫のおもちゃは、あまり置いていません。
ヒモと人形?ぐらい。

進ゲキの猫にて猫と猫のおもちゃで遊ぶ写真

その少ないおもちゃでも、猫たちは遊んでくれました。
追いかけてくる猫に、子どもたちは大興奮!

もしかして子どもが猫アレルギー?

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0307.png” name=”春野菜”]わたし猫大好きなのに、猫アレルギー[/prpsay]

それでも子どもが生まれる前は、よく猫カフェに行ってました。

猫アレルギーでも室内が広めで、空気が良いとアレルギー症状も出ずに猫を堪能できてたんです。

『進ゲキの猫』は、部屋がせまめで、少し匂いがありました。

そのせいか、単なる風邪なのか…長男が30分ぐらいしてから「喉が痛い」と言いだしてしまい。

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0307.png” name=”春野菜”]アレルギー遺伝しちゃったかなー[/prpsay]
主な猫アレルギー症状

  • くしゃみ、鼻水
  • 目のかゆみや充血
  • 喉の痛みや息苦しさ
  • 皮膚のかゆみ、じんましん


参考
動物アレルギー〔どうぶつあれるぎー〕|家庭の医学

外で猫に触って兵器でも、室内だとアレルギー症状が出る場合もありますし、親がアレルギーがなくても子どもが猫アレルギーのときもあります。

わたしはアレルギーでじんましんが出ますが、長男は喉を痛がってました。

同じ猫アレルギー症状でも人によって違うので、初めての猫カフェのときは子どもの様子をよく見ておいてください。

子どもが満足の猫カフェ初体験

子どもが猫カフェで猫におやつをあげている写真

撫でるだけでは物足りなくなった子ども達に、おやつを買ってあげさせてみました。

集まってくる猫たちに、タジタジな長男と長女。

チュール1袋、全部を食べさせる前にギブアップしてました。

おやつより、ヒモで遊ぶ方が楽しかったようです。

[prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0296.png” name=”ゆう(長男)”]喉痛くなったけど、猫と遊べて楽しかったー![/prpsay] [prpsay img=”https://www.haru831blog.com/wp-content/uploads/2019/01/img_0293.png” name=”みぃ(長女)”]猫かわいい!メロメロ~♪また行きたい![/prpsay]

長男が猫アレルギー確定なら、またすぐには行けなそうですが…また遊びに行きたいと思います。

子連れで猫カフェへ行く3つのポイント

  1. 事前にお店のルールを確認
  2. 未就学児OKでもお店のルールを守れる歳の子を!
  3. 猫と触れ合う機会が初なら、子どもの体調に注意!

以上、幹事長(@ikukyuusyutoku)と春野菜(@haruyasai_1881)でした!

コメントを残す