育休復帰後に向けたシミュレーションをしてみました

どうも、幹事長です。

もうすぐ1年取った育休期間も終了です。

このまま子どもたちと、ずーっと一緒にいたいのはやまやまなんですが、今の経済状況ではそういうわけにはいかず、仕事に復帰しなくてはなりません。

そうなると、現在2馬力で育児及び家事をしているのが、少なくとも自分の就業時間中は奥さんの1馬力になります。

いきなり「明日から1馬力で頑張って!」というのはきつそうです。

先日『復帰後の就業時間中、自分がいないとどうなるか』を試しでやってみました。

やってみましたが…予想どおりか、それ以上にキツイみたいです。

幹事長(夫)
ずっとワンオペでされてる方、本当にすごいですわ。

これから復帰までの間に、少しでもラクできるやり方を模索していく予定です。

ひとまず、現状どんな感じなのかを書いておきたいと思います。

育休期間中(現在)のタイムスケジュール

日によって差異はありますが、子供が起きてる間は大体こんな感じです。

7時 起床

長男、次男、奥さんが起床

奥さんは、上の子2人の弁当の準備。

長男は1人で本を読んだりしつつ、たまに奥さんを呼ぶ。
次男は基本奥さんの足元で遊んでる。

自分は、その最中に起きたり起きなかったり。

起きれば2人の相手をしたり、朝食の準備をしたり、洗濯機を回したり、ゴミをまとめたり。

8時 朝食

奥さんでないと、ぐずって起きない長女が起床したら朝食。

朝食は、長男長女は準備さえすれば基本自分で食べるが、次男は椅子から脱走するので、自分か奥さんがつきっきり。

9時 幼稚園送迎

着替えと準備を済まして、自分が次男を抱っこした上で、長男長女の幼稚園の送りへ。
   

午前中 家事など

次男は1~2時間くらい昼寝。
その間に奥さんは洗い物、昼食の用意、夕飯の仕込み、起きた次男の相手。

自分は洗濯物干し、買い物や次男の相手、PC作業、リングフィットで運動したり

12時 昼食

次男に翻弄されつつ昼食

13時半 幼稚園送迎

次男は家で奥さんと昼寝したり遊びながらで待機。

自分は幼稚園の迎えに。

15時半~16時 公園遊び

公園で遊んだ後長男、長女ともに帰宅

16時 家で遊ぶ

 
本を読んだり、トミカで遊んだり、DVDを見せたり、相撲したりと子供の相手をしつつ、自分と奥さんは読書したり夕食の準備をしたり
   

17時半 夕食

夕食

18時 風呂前まで遊びつつ片付け

夕方と同じような感じで過ごしつつ、風呂掃除をしたり風呂の準備、奥さんは弁当箱を洗ったり

19時半 風呂

最近、長男長女が2人で風呂場遊びするのがお気に入り。

先に2人を入れて、飽きたところで自分が入り、2人を洗って出してから次男を受け取って洗って奥さんにパス。

その後奥さんが入ることもあれば、子供が寝てから入ることもあり

20時 本の読み聞かせなど

布団を敷いたり、本を読んだり、歯を磨いたりで寝る態勢へ

21時過ぎ 布団へ

最近は寝付きが良くなってきたので、大体15分くらいで就寝。

奥さんと共に布団から抜け出す。

幹事長(夫)
まあ…こんなにきれいにいく日は少ないですけど。

長女がぐずって朝起きなかったり、
お漏らししてたり、
2人が喧嘩して泣き叫んだり、
ご飯の内容が気に入らないとぐずったり、
次男が夕方以降寝てしまい、夜寝れなくなったりetc。

でも大体はこんな感じです。

仕事復帰後のタイムスケジュール

それが、仕事復帰後はこうなります。

7時 起床

長男、次男、奥さん、自分が起床
2人の相手をしつつ、自分を含め3人で朝食、洗濯機を回して、ゴミをまとめる
   

8時~19時半 出社のため奥さんワンオペ

これから奥さんワンオペ。

自分が帰宅後、すぐに子どもたちを風呂に入れたあと夕食になる感じです。

8~19時半の間、奥さんは1人で

  • 幼稚園送り迎え
  • 公園で遊ばせる
  • 洗濯物
  • 掃除
  • ご飯の用意と片付け
  • 風呂掃除
  

何より大変なのが、『3人の子供の相手をしながら』これらをやらなくていけないわけです。

さらに19時半に帰宅は、残業0で帰れたときの話です。

仕事が忙しければ、早く出ることも遅く帰ることもあるわけで。

そうなると、さらに負担が増えます。

幹事長(夫)
当たり前ですが、きついですよね。

奥さんによると、特に何がきついかというと
『子どもからの激しい要求』だそうで。

みぃ(長女)
きょう、おにぎりがよかったー!
ゆう(長男)
これやりたかったのに…!

後追い真っ最中の0歳児を相手にしながら、感情爆発中の上の子達を相手するのがしんどいそうです。

復帰後の手助け案

  • 自分がもっと早く起きる
  • 洗濯機乾燥を活用する

復帰後の手助けといえば、これぐらいしか今は思いつきません。

残りの育休期間で、少しでも奥さんがラクできるような方法を考えてみたいと思います。

以上、幹事長でした!

コメントを残す