ベビーサイン活用してます。

本を読んで、意思疎通ができたら楽そうだな…と軽い気持ちで取り入れて実践してます。

ベビーサインとは

ベビーサインとは、まだうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使って「お話し」する育児法です。1990年代にアメリカで始まり、日本にも2000年以降たくさんのママやパパが実践しています。
赤ちゃんにとって声を使って話すのは実は難しいこと。きちんと発生するためには口や舌や喉の筋肉、また言語能力の発達が必要なのです。でも手や指は比較的早くから自由に動かすことができます。だからベビーサインを使うことで赤ちゃんとコミュニケーションが取れるのです。
日本ベビーサイン協会 HPより

図書館で借りた本を読んで、ある程度覚えて始めました。

どう使うの?

普段の生活でママ、パパが語りかけに手を添えてあげるだけでOKです。サインを覚える時間を作ったり覚える数を決めたりする必要はありません。
日本ベビーサイン協会 HPより

お座りをして指差しが始まる頃から教える事ができるようですが、私はもうちょっと早く話しかけるときに使うようにしました。

息子が返してくれるようになったのは、歩き始めた1歳頃です。

実際に使ってみて

親がやってる通りにできなくて子どものオリジナルが入ったりします。
その時は訂正せずそのまま使うのでベビーサインよりジェスチャーに近いと思います。

そんな独学で適当にやってて、ベビーサインの数も多くないですが便利です。

息子がのど乾いたり、お腹空いたときに『飲みたい』『食べたい』って息子自身からベビーサインで教えてくれますし

「これは『熱い』よ」とベビーサインを出しながら伝えれば、息子は興味持ちつつも触らないようにしてくれます。

停車してる車を見ると『車』のサインを出して、嬉しそうに見ているし

走ってる車には『怖い』ってサインを出して、端っこへ逃げて通り過ぎるまで止まってます。

ベビーサインをしていても、息子の機嫌が悪くて「どうしたらいいんだ(つω-`)」と悩むことはありますが、お腹空いたとか要求が分かるのは助かります☆

正しく教えなきゃ、とか考えず手軽にやってみるのをオススメします╰( º∀º )╯

2歳下に生まれた娘にも、ベビーサインを使って育児しました。

コメントを残す