ブログ初心者こそテンプレ!記事を書くときチェックできるように

ブログの文章を書くポイントやSEOなどについて、全く知らなかった春野菜(haruyasai_1881)です。

いま~無名の逆襲~メンバーに教えていただいたことや、クロネのブログ講座などを読んで勉強中です。

参考 ブログ初心者が100記事まで書き続けるための10段階講座

教えてもらったときは分かったつもりでも、文章を考えているうちに忘れちゃうんですよね。

何が言いたかったんだっけ?
書きたいことはあるけれど、まとまらない」

春野菜

何とか文章をまとめて読み返してみると、言いたかったことと違う内容になっている…なんてことも。
記事を書き進めてから気づくと、ダメージ受けます。

時間かかったのに…orz

春野菜

なので…記事を書いているときにサッと見れるように教えてもらったことや学んだことをまとめたテンプレートを作りました。

ブログ記事の構成を練るときに、このテンプレートを見ながらすると話の脱線などが減り効率よく執筆できます。

これからブログの書き方にについて学んだことをまとめたテンプレートと参考にしたサイトと本の紹介、テンプレートを使うメリットをお話します。

記事の構成(テンプレート)

記事テンプレをアウトライナーで作成した画像
わたしは、ブログの構成や下書きをするのにアウトライナー(スマホ)を使っています。

アウトライナーとは
「アウトライン」と呼ばれる形式を使ってテキストを編集するプログラムの総称です。
「アイデア・プロセッサー」なんて呼ばれることもあります。

「アウトライン」とは、項目の下にサブ項目を入れて、入れ子状に整理された箇条書きのようなものです。

そのときに、サッと見れるようにブログテンプレートを作りました。
見出しやタイトルそれぞれに、気をつけるポイントを書き込んであります。
記事タイトル
  • キーワードは3つ入っているか?(すき間を狙う)
  • タイトルでこの記事を必要な人を明確にしているか?
  • その必要な人へのメッセージだと分かるように
  • 結果・やることが、数字で具体的になっているか?
  • 得である、最新である、好奇心を刺激する=読みたいと思うものか
導入部分
  1. あいさつ(ポジティブに!第一印象大事)
  2. 問題提起(具代的な要件を伝える)
    ※用語説明が必要なら追加する
  3. 共感(感情と共通の体験は詳しく)
  4. テーマと関係した体験
  5. 同意してくれるような問いかけ
  6. 読むべき理由 客観的事実の提示、ニュースの引用
  7. 解決策の予告
  8. 本文の誘導
見出し1(結論)
  • 見出しにキーワード1つ入れる
  • デメリットを正直に書いて、それを上回るメリット
  • 行動した先の変化像をイメージできるように書く
  • 行動した場合/しなかった場合の変化の違いを書く
見出し2(理由)
  • ストーリーができそうなら、読み手の心理に沿って展開させる
  • 自分が伝えたい理由を書く
見出し3(具体例や具体的なやり方)
  • 最初の一歩が簡単なことを伝える
  • 順序を立てた行動ステップを分かりやすく説明
  • 簡潔に(テーマと関係ない余談は入れない)
  • 具体的に、小学生でも分かるように
  • まとめの前に、1度話が終了させておくように
見出し4(まとめ)
  • 読んだ相手にどう行動してほしいか決めて、最初に書く
  • 人を動かすには7つのトリガーがある
    1. 興味
    2. ホンネとタテマエ
      • 本音(理想)と建前(現実)の間に突き動かされるエネルギーがある
      • 理想に気付かせて、行動したくなるスイッチを押す
    3. 悩み(人の悩みは4つのみ)
      • H 健康・美容
      • A 将来・夢・キャリア
      • R 人間関係
      • M お金
    4. ソン・得
      • 得したいより「損したくない」が強い
    5. みんな一緒
    6. 認められたい
    7. あなただけの
  • 距離を縮めたいときは感謝や喜びなど感情を載せる
  • 本文の内容を箇条書きでまとめる
  • どんな結果が得られるか、もう1度伝える
  • 未完の情報だと、映画の予告のように印象に残る

参考にした書籍・サイト

参考 ブログが簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」 参考 ブログライティングの読まれる構成とは?事例とテンプレート付きで解説!

テンプレートを作るメリット

 ブログ記事のテンプレートを作っておくことで、記事の執筆にかける時間を大幅に削減することができる。

例えば、以下は、私が頻繁に使用している記事のテンプレートだ。

  1. 問題提起:読者が抱えている悩みを指摘
  2. 結果の提示:この記事を読むことで解決できることを明示
  3. 結果の根拠:なぜ、その結果が出るのかの説明
  4. 解決策の提示:箇条書きで解決策を書く
  5. 結論:全体のまとめ

これぐらい大雑把で構わないので、このように、ブログ記事のテンプレートを用意しておけば、どんな記事でもスムーズに書き上げることができる。 

良質なブログ記事を30分で書き上げるために実践している10のコト より引用

テンプレートがあれば、それに当てはめて考えればいいのでスピーディに書き上げることができます。
また繰り返し使えるので、他の記事のクオリティも同じぐらいに仕上げられます。

まとめ

ブログ記事のテンプレートがあれば、それを埋めていけば記事が完成します。
文章を書くことに不慣れで時間がかかる初心者こそ、すぐ見れるようなテンプレートを作っておくべきです。

以上『ブログ初心者こそテンプレ!記事を書くときチェックできるように』のお話でした。

コメントを残す