子どもの言うことはコロコロ変わる!変わる前提で対応しよう

子どもの言うことはコロコロ変わるのアイキャッチ画像

幼児2人の子育て中の春野菜(haruyasai_1881)です。

子どもの言うことに振り回されていませんか?

わたし、しょっちゅう振り回されています

春野菜

こんなわたしが実践している
「子どもの要求に振り回されつつ、イライラしない工夫」
「子どもの頃に自分の意見が言えなくなったわたしの話」を少し
をこれからお話します。

意見が変わるのは「いま、この瞬間」を生きてるから

子どもが「のり巻きを作ってあげる」って頑張るも自分で食べて満足してしまうマンガ

子どもが散々「やりたい!」って要求したことも、一瞬でコロッと変わりますよね。

子どもの言っていることがコロコロ変わる理由は、『子どもは先を見通せないから』です。

ウソをついてる、親を困らせようとしてるわけでもありません。

大人が何かするときは『これをすると、どうなるか』を想像できます。

子どもには、その『どうなるか想像すること』が難しい。

これからどうなるか想像ができないからこそ、子どもらしく全力で遊び、全力で楽しめるのです。

子どもに「さっき言ってたじゃない!」って怒るのは酷なことなんですね。

春野菜

『言うことは変わる』を前提に動く

のり巻きを作ってもらえず、残り物を食べる親のイラスト

できるなら別プランを用意しておく

別のプランも同時に用意できそうなときは、別プランも準備するようにしています。

ゆう(息子)

冷やし中華食べてみたい!
え?!食べたことないよね?
食べれるの?

春野菜

ゆう(息子)

食べれる!
食べてみたいの!

その日の献立

  • 冷やし中華
  • ざるラーメン
  • 他の副菜

一度の食事に、2つのパターンのメニューを用意するのは手間です。

でも…食べなかったときのストレスを考えると、別メニューを作る手間をかけた方がわたしの精神衛生上ラクでした。

共感して気持ちを受け止める。

お腹が空いたって言うから、急いでごはんの支度をしたのに…よく息子に言われます

ゆう(息子)

もっと遊びたかったのに!なんでごはんの支度するの!

なんて理不尽!

こんなときは

もっと遊びたかったんだ。そっかー。
じゃあ…絵本1冊読んでからごはんにする?食べたら●●で遊ぼう!

春野菜

子どもが遊びたい気持ちに共感してから、ごはんに誘うようにしています。

(いつも必ず共感できてるわけじゃないですが)

親が子どもの気持ちを受け止めてあげると、子ども自身も『やりたい気持ち』と『するべきこと』で葛藤して、自分なりに納得してくれます。

子どもが意見をコロコロ変えられるのは信頼の証

子どもが全く違うことでも平気で言えるのは「自分はどんな自分でも受け入れてもらえる」って、安心して甘えているからです。

親からの『無条件の愛』を感じて育った子どもは、自己肯定感も高く育つそうです。

参考 言うことがコロコロ変わる子。言ったことには責任を取らせるべき?[教えて!親野先生]

自分の意見を言えない子どもはどうなる?

わたしは、自分の意見を言えない子どもでした。

父が言うことを聞かなければ暴力を振るう人なので、怖くて自分の意見が言えなかったんです。

それはアラフォーになった、いま現在でもあります。

夫がコツコツ気長に、わたしに軌道修正しています。

10年ぐらいかかってるけど…まだまだだなぁ

と、かなり長期戦のようです。(自分では変わったと思うんだけどな)

子どもが意見が言えなくなったら『GAME OVER』で取り返しがつかない、ではありません。
それでも、子どもがつらい思いをするのは少なくしてやりたいですね

春野菜

まとめ

子どもの言うことは「いまだけ」のもの。当たり前です。

それでもイライラしたりするものなので、自分なりの工夫ポイントを見つけましょう。

子どもが自分の意見を言えなくなる方が、大きな問題です。
後になるほど、問題解決が複雑で長くかかるようになります。

言うことが二転三転するのは、子どもが小さい『いまだけ!』
そうって割り切って、子どもに振り回されましょう。

以上、春野菜(haruyasai_1881)でした。

コメントを残す